折りたためるシャワー椅子「湯チェア16」

カテゴリー:

脚力が低下して、たったままであったり、低い椅子に座ってのシャワー浴がつらくなってきた方がシャワー椅子を利用することで、安定した姿勢でこれまでと同じように身体を洗ったりできます。

こんにちは!住宅型有料老人ホーム藤の蕾事務局の中村です。
本日のご紹介は、シャワー椅子です。

シャワー椅子で、立ち座りの姿勢が安定すると、転倒防止や、介助者の負担の軽減にもなります。肘掛けがあるタイプやないタイプ、背もたれがあるものや、折り畳みできるものまで用途に応じてさまざまなタイプのものがあります。座位が安定しない人であれば「背もたれや肘掛け付きのもの」、浴室が狭い場合は「折り畳みできるもの」や「座面が回転するもの」といった具合に、浴室の状況に合わせた商品を選択することが大切です。


(出典:ウチヱ株式会社HP)

座面下のロックを引きながら座面を持ち上げるだけで、折りたためます。折りたたみが楽なのが、このシャワー椅子の特徴です。そして、折りたたんだ後も自立しますので、場所をとりません。

座面の高さ調節は、38㎝から48㎝まで2㎝刻みで6段階の調節ができます。座面のシートは、やわらかく座り心地が良く、取り外しができ洗えます。

シャワーチェアは、介護保険の福祉用具購入対象用品です。要支援・要介護1の方から、介護は必要ではないけど、足腰が弱ってきたシニアの方まで、介護予防や転倒防止のためにも、早い段階からの導入が望まれています。