歩くことをあきらめない歩行器「たぁ~くん」

カテゴリー:

こんにちは!住宅型有料老人ホーム藤の蕾事務局の中村です。
さて、今回は、介護用品のご紹介です。ご紹介するのが、歩行器「たぁーくん」です
歩くのは健康にいいだけではなく、認知症の発症や進行を予防する効果も認められています。が、「歩きたい」という気持ちはあるのに、立ち上がるのが困難な方がいます。立ち上がりを介助するのが介護士ですが、体力のない介護士にとっては、立ち上がりを介助するのは大変です。
この課題を解決するため、京都府では「人にやさしい介護支援機器開発プロジェクト」を立ち上げました。そして誕生したのが「たぁーくん」です。2014年から京都府と津島鉄工所(本社・京都市南区)が共同で開発を進め、2015年10月から販売が開始されています。
重量は23キロあり、価格は24万8000円(税抜)です。
「たぁーくん」は電気を使わない非電動式でベッドからの立ち上がりや腰を下ろす時のサポートをテコの原理を使ってレバーを踏むだけで力を使わず介助できます。利用者も介護者の無理な引き上げる力を感じることなく、自然な形でゆっくりと動作を行うことが出来、立ち上がり、腰掛をスムーズに行えます。

[ 立ち上がり編 ]

[ 着座編 ]

(引用:株式会社島津鉄工所HPより)