水洗式ポータブルトイレ

カテゴリー:

歩くのは難しいものの、介助があれば自力で起き上がれる人には、ポータブルトイレがおすすめです。ベッドのすぐ近くに置けるので、トイレまで移動しなくても自分で排泄できます。ポータブルトイレを使う場合も、可能な限り本人に任せ、できないことのみを介助するようにします。
食事や睡眠と同様、排泄においても、自力で行けるようにサポートするのが介護の基本です。おむつの使用は最後の手段と考え、できることは自分でやってもらうことで、排泄の自立を目指すことが大切です。自力で排泄することは被介護者にとっての自信となり、生活機能の向上につながることも期待されます。ポータブルトイレをうまく使えば、自力での排泄ができる場合があります。ただ、排泄物を捨てるなどの後始末が必要となり、また臭いも気になります。


(出典:株式会社アム)

こんにちは!住宅型有料老人ホーム藤の蕾 事務局の中村です。
本日、ご紹介するのは、水洗式ポータブルトイレ「流せるポータくん2号・3号」です。

もう、バケツをもって捨てに行かなくて良いのです。水洗式のポータブルトイレなので、排泄物をうけるバケツはありません。そして、水洗なので臭わないんです。給水と排水のホースをつけて屋外の下水に流す仕組みです。用を足した後、水を流すための足元のボタンを踏むだけです。メーカーによれば、皮つきバナナ1本を流しても特殊な構造の電動ポンプで粉砕して流すことができ、大量のトイレットペーパーを流しても、ドロドロに粉砕しますので流れてしまいます。また、誤ってタオルなどを流して万が一詰まっても水位センサーで感知していますので、水があふれることはありません。


(引用:水洗式ポータブルトイレ「流せるポータくん」)

本体価格以外に給排水ホースを設置する工事費が必要で、設置場所によっては費用が異なります。地域(関東、北陸方面)によってはメーカーがレンタルしており、介護保険の購入対象となっている自治体もあるようです。介護保険の適用に対しては自治体によって判断が異なりますので事前にご相談ください。