切らない爪切り「ネイルリボン」

カテゴリー:

爪を切った後は、爪切りについているヤスリで爪を磨かないと、どうしても引っかかってしまいますが、これが結構面倒で、なかなか時間がないと磨くことまではしません。さらに爪切りについているヤスリで磨くと、その磨きカスはそのまま下に落ちる為、ティッシュ等の上で磨く必要があることも、ヤスリを使わない理由でもあります。

こんにちは!住宅型有料老人ホーム藤の蕾 事務局の中村です。
本日、ご紹介するのは、「削るつめきり ネイルリボン」です。

これは爪を切るのではなく、削るものです。ステンレスの刃はU字型にくぼみ、約300枚のくの字型の刃がついていて、そこに爪を当ててゆっくりと動かすと爪が削れるのです。爪削りを使うと、「爪切り」と「ヤスリ」が同時で出来ますので、爪もきれいに磨け、爪が引っかかることはありません。また、爪切りと違って爪が飛び散らず、深爪もなく、とても使いやすいです。刃がどんな角度で当てても削れる工夫がされている為、爪に角ができることもありません。

<使い方>
(1)V型みぞ付の刃に沿って指をあて、ゆっくり動かして、やさしく削ります。
(2)下のキャップをはずし、爪の削りかすを捨てます。
※裏面に仕上げに使えるトリミング刃付(お好みで使用します)


(出典:松本金型株式会社youtube)

伸びすぎた爪は、爪切りで切らないと削ることは大変ですが、こまめに削る習慣を付ければ、自分では爪がきれない高齢者も安心して使えると思います。