着脱しやすいオシャレなパジャマ

カテゴリー:

こんにちは!
住宅型有料老人ホーム藤の蕾、事務局の中村です。

さて、今回はパジャマのご紹介です。
脳梗塞の後遺症で体の自由が利かなくなったり、寝たきりの状態となると、衣服の着脱が大変となります。母が脳梗塞で倒れ、右半身が動かなくなった際に、パジャマの着せ替えに苦労したことが思い出されます。
こんな時、体や腕を殆ど動かさずに着せ替えられる着脱の楽なパジャマが適しています。



(引用:カジカコレクション ドットコム)

イージーオン・オフ療養パジャマは、上着の左側のみを完全に解放することで、包むように着せられます。椅子に着席状態では上体、肩、腕を殆ど動かさずに、またベッド上では寝がえりを殆ど打たせないで着脱可能です。(左右どちらに障害がある方でも適用できます)
ホックがどの位置でも開けられますので、体温計や胃ろうチューブの出し入れがスムーズにできます。
生地は綿100%で肌にやさしく、柄も豊富で、オシャレです。
考案者は、「デザインについても出来れば妥協したくありません。たとえお身体がどのような介護ステージに居ても、身に纏うものがいつも介護パジャマであっても、その方の品位と個性を表現したい……。」と話し、機能性とデザイン性を両立させたそうです。