知っていますか?ICF

カテゴリー:

利用者が「こうありたい」という生活の意向を出発点とするのが、利用者を主役とした介護計画のあり方です。例えば日々の機能訓練を進めるための計画を策定する場合、心身の機能の維持・向上ばかりに頭があると、その人の障害や病態だけに目を向けてしまいがちです。その結果、本人の意欲がなかなか向上しないまま、計画が頓挫してしまいます。

(引用:現場で使える介護計画書便利帖、田中元  (著), 吉田輝美 (著))

利用者の「今している生活」を見つめたとき、本人の心身の状況や文化的背景、環境要因など様々なものが積み重なっています。本人の心身の状況も外からの環境(例えば、器具や支援)もそれぞれが互いに影響しあいながら、「している生活」を築き上げているのです。様々な要素がお互い影響を与えながら、その人の生活を築いていく。これがICF(国際生活機能分類)による生活の考え方です。

こんにちは!住宅型有料老人ホーム 藤の蕾事務局の中村です。
さて、本日は、医療や介護に従事する者が知っておかねばならないICFについてご紹介します。ICFを非常にわかりやすく説明した本を購入しましたので、その文章などを引用して説明します。

ICFとはInternational Classification of Functioning, disability and Healthの略で、日本語では国際生活機能分類と呼ばれています。人間の生活機能と障害の分類法として2001年に世界保健機関(WHO)によって採択されました。それまでのICIDH(国際障害分類)に対し、ICFは生活機能というプラス面から分類しています。「生活機能」を分類しているICFに対してICIDHは、その名の通り「障害」を分類する分類法です。障害を「心身レベルの障害」、「能力レベルの障害」、そして「社会レベルの障害」という3つのレベルに分類しました。本当であれば障害のある人が「買い物の困難さ」に直面する原因には、その人の抱える障害だけではなく、お店にエレベーターがないことや、途中で手を貸してくれる人がいないこと等、色々な要因が存在します。ところがICIDHでは、障害があることが「買い物の困難さ」の唯一の原因としてとらえられてしまうのです。
そこで考え出されたのがICF(生活機能分類)です。その人の生活機能を、障害だけではなく環境を含めた広い視点からポジティブな視点も含めてとらえることを目指して作られました。
たとえば脳卒中(疾病)の後遺症で歩行が困難になり、買い物に行けなくなった場合、その「買い物に行けない(社会的不利)のは脳卒中(疾病)が原因と考えるのです。一方、「ICF」では、「買い物に行けない」のは脳卒中が原因であるとしても「車椅子を使ったり、介護者に協力してもらえば買い物に行ける」と考えます。

(引用:現場で使える介護計画書便利帖、田中元  (著), 吉田輝美 (著))

できない部分だけに注目していると、本人が「している部分」になかなか目が届きません。利用者が「している」部分に着目をした時、その行為を維持していくための支援策を考えます。これならば、本人は自尊心を保ちながら、生活機能の維持に向けたま訓練などにも前向きになる可能性がたかまります。例えば、「一人で着替えができない」場合でも、自分で服を選んだり、袖抜きはできないが、袖に手を通すことができる。など自分で「している」部分が必ずあるはずです。ここに着目することが、介護計画の第1歩と言えます。

(引用:現場で使える介護計画書便利帖、田中元  (著), 吉田輝美 (著))

利用者を主役として、障害をさまざまな角度から捉え、「○○すればできる」とポジティブに改善していくことが「ICF」の特徴なのです。