冷房病と熱中症にご注意

カテゴリー:

最高気温が35℃を超える猛暑日も決して珍しくなくなってしまった昨今、熱中症を防ぐ上でもエアコンは欠かせない存在ですが、半面、エアコンによる体の不調を訴える人も増えています。

こんにちは、住宅型有料老人ホーム藤の蕾 事務局の中村です。
本日は、これから本番となる夏に向けて、注意すべき冷房病と熱中症について整理してみました。

冷房病とは、自律神経がおかしくなり体温の調節がうまくできず、汗がかけなくなる状態の事を指します。冷房病になると、体がだるくなる、頭痛や腰痛、食欲不振といった体に対する不調がおこります。もともと、人間の身体には気温が下がると血管を縮めて体温を下げないようにし、気温が上がると血管を拡げて発汗して体温を下げるという「体温調整機能」がありますが、暑い屋外と涼しい屋内を出入りすることで、自律神経が乱れてしまうのです。
対策としては、まず室内と室外の温度差を5℃以内に保つことが大事で、冷房の設定温度は25℃~28℃にし、朝晩の涼しい時間帯は扇風機に切り替えるなど、必要以上に室内の温度を下げないようにします。

熱中症は、体温調節の働きでは足りずに体内に熱がこもることで起こる、めまいやけいれん、頭痛、吐き気、意識障害といった体温上昇によって起こる健康障害の総称です。つまり、日射病も熱射病も熱中症の一つで、直射日光による熱中症を日射病、高温による熱中症を熱射病と言います。
予防対策はもちろん、からだを冷やすことです。屋内であれば室温を28℃以下に保つことです。28℃とは、環境省が推進するクールビズでの推奨温度ですが、正しくはエアコンの設定温度を28℃にするわけではなく、室温を28℃にするということです。

環境省では、暑さ指数(WBGT)という数値を使って、熱中症の危険度を測っています。暑さ指数によれば、気温の他に、湿度と輻射熱(照返し等)が関係します。特に湿度が大きく関係しています。湿度が高いと汗が蒸発しにくく、体から熱を放出できなくなるからです。たとえば、梅雨時の洗濯物が乾きにくいのと同じで、湿度が高いと汗が乾きにくく、熱を奪ってくれないのです。室温30℃湿度75%を超えると、熱中症のリスクが一気に高まり、命にかかわる事態になりかねませんので、温度と共に湿度にも注意が必要です。

暑さ指数の割合

(出典:環境省熱中症予防情報サイト|暑さ指数(WBGT)の実況と予測)

「お年寄りが寒いというから」という理由で温度も湿度も高いままのことが良くあります。「寒いと感じ」ているのですが、実際は「老化により体温調整機能が壊れている」為、適切な温度や湿度を体が理解できていないのです。真夏日や熱帯夜に室内で過ごす場合、積極的にエアコンを使っていくことが重要です。節電の事を気にされる場合は、まずは直射日光でエアコンの効果を弱めないようにカーテンを閉めることが重要です。またエアコンの温度設定を高めにし、エアコンを使った月と使わない月の電気代を教えてあげて、実は大きな差がないことを知ってもらうのも良いでしょう。

冷房病も熱中症も、急激な変化や長時間の我慢が原因です。「エアコン」と「高齢者」がうまく付き合っていく方法を考えることが、予防対策のカギを握っていると言えそうです。