新型コロナウィルスの感染予防

カテゴリー:

こんにちは、住宅型有料老人ホーム 藤の蕾事務局の中村です。
本日は、日本国内において新型コロナウィルスの感染拡大が非常に懸念されているおり、感染拡大を防止するために日常生活での注意点を厚生労働省の資料をもとにご紹介します。

新型コロナウィルスは風邪の一種です

肺炎などの重症になる可能性が高いという特徴はありますが、基本的には「風邪の一種」です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)と言われています。

注意するのは「飛沫感染」と「接触感染」

①感染の仕方

一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。空気感染は起きていないと考えられています。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあります。

②感染経路

「新型コロナウイルス」が感染する経路は、次の2つです。

ア.飛沫感染

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。
※感染を注意すべき場面:屋内などで、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすとき

イ.接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付きます。未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。
※感染場所の例:電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど

「手洗い」と「咳エチケット」が重要

新型コロナウイルスは「風邪」ですから、感染を防ぐための方法も、風邪やインフルエンザと同じです。具体的には「手洗い」と「咳エチケット」が重要とされています。

①手洗い

外出先から戻った時や食事の前等に、石鹸やアルコールを使って、ていねいに手を洗う

②咳エチケット

くしゃみや咳をする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻を押さえる

正しい手洗いの方法、マスクの付け方については下記のビデオを参照ください。


(出典:政府インターネットテレビ)


(出典:政府インターネットテレビ)