介護報酬改定のキーワード:CHASE

カテゴリー:

2021年度介護報酬改定から、国は「科学的介護」の推進を本格化します。既に医療業界では多数の症例や臨床結果等を記録し、分析したエビデンス(客観的事実、情報)があり、それらを根拠、理由として患者に提供することが実施されています。介護業界においても医療業界同様に、介護サービスのエビデンス(客観的事実、情報)を集め、サービス内容、ケア内容等の客観的情報を利用者に提示できるようにする必要から、厚生労働省は「科学的介護」の実践のために介護分野のエビデンスを集めるデータベースの作成を進めています。そのデータベースが「CHASE」です。

こんにちは!住宅型有料老人ホーム藤の蕾 事務局の中村です。今回は、2021年4月の介護報酬の改定に欠かせないキーワードとして「科学的介護」を推進する為のデータベース:CHASEについてお話しします。

『CHASE(チェイス)』とは、゛Care゛,゛Health゛,゛Status゛,゛Events゛の頭文字を組み合わせた言葉です。介護現場から利用者の状態、サービス内容や効果等の情報を集積し、それらの情報をCHASEにフィードバック、分析し、ケアプランやサービス計画の見直しに繋げるという仕組みです。

「CHASE」の稼働により科学的な介護が提供できるようになると、介護職は「どのようなケアが望ましいのか」や「正しい介護方法はどうすればよいのか」を、根拠を持って知ることができます。しっかりと根拠、理由を明確にできる介護を提供することにより介護職の質の向上が期待できます。

厚生労働省は、現在、2021年4月の介護報酬改定に向けて、介護サービスの利用者情報をCHASEに提出することを条件とする加算の新設を進めています。「科学的介護推進体制加算」というものです。訪問系などをのぞく、ほとんどのサービスが対象となります。

事業所が「CHASE」を有効活用していくには、ICT(情報通信技術)の活用が不可欠です。ICTによる効率化は人材不足の解消だけでなく、介護サービスの利用者へのより良いサービス提供にもつながります。介護支援の方法もどんどん発展している中、自分流の゛経験則゛にこだわり、ITを敬遠しがちな「使う側」の意識改革と、継続して活用していくための仕組みの構築が不可欠です。ポストコロナの時代に向け、新たな歩みが始まっています。

*「CHASE」や「VISIT」と呼ばれているデータベースは、呼称が「LIFE」に統一されました。