トイレにペタリ感染予防

カテゴリー:

こんにちは!住宅型有料老人ホーム 事務局の中村です。

本日は、腸管出血性大腸菌O157やノロウイルスなどの感染を防ぐ効果があるというトイレ用衛生シート「アドレット」のご紹介です。
熊本市中央区のフラッグス株式会社が昨年9月に発売して、全国の病院や宿泊施設等のトイレ合計1,500ヶ所で利用されています。

「アドレット」はA4版シートで便器のフタの裏に貼って使います。

O-157・ノロウイルスはトイレで人から人へ感染することが多いと言われています。トイレでの予防には、便器のフタを閉めて水を流すことにより、原因となる細菌やウイルスをトイレ空間内へ飛散させないことが重要です。シートを貼ったフタを閉めて流すと、ウィルスを含む水分に反応してシート表面が強アルカリ性に変化し、ウィルスの活動を抑制するといいます。大腸菌などの細菌の繁殖を抑えるほか、消臭機能もあり、6ヶ月効き目があるとの事。共同のトイレに使用すると良いですね。1枚1,800円(税込み1,944円)

(出典:フラッグス株式会社HPより)